求人情報の内容を理解する
求人情報の内容を理解する
その他の項目

求人情報にはいろいろな項目があります。その1つとして、休日や休暇について書かれている部分があります。もしそこに週休2日制と書かれていたら、これは月に最低1回は2日休みの週があるという意味です。すべての週において週休2日で働きたいならば、完全週休2日制の求人を探すべきでしょう。また、土日が休みとは限りません。完全週休2日制(土日休み)と書かれている場合のみ、毎週土日に休むことができるのです。

雇用形態についてもチェックしておきましょう。正社員やアルバイト、契約社員といった種類があります。また、正社員登用制度ありと書かれていることもあります。ただし、登用の可能性についてはその条件について面接で詳しく尋ねておきましょう。

勤務時間も確認しておきましょう。求人には目安が書かれています。フレックスタイム制を採用しているところもあります。こちらは自由に出勤や退社の時間を決められるというものですが、標準労働時間というものが決まっていたり、絶対に出勤しなければいけないコアタイムが設定されていることもあるため注意しましょう。

このように求人情報にはいろいろな項目があるため、それぞれの意味を理解しましょう。そして、正確に求人情報を読み解きましょう。